大きいと思っていたら、そうでもなかった。

2020/02/07

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

自分の手は大きいと思っていたのだが、そうでもないことが判明した。

↓こちらのサイトに、ピアニストの手の大きさの記事があって、

細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言

非常に小さい=親指から小指までのスパンが19.3cm未満

小さい=親指から小指までのスパンが19.3cm〜21.6cm

大きい=親指から小指までのスパンが21.6cm〜23.9cm

非常に大きい=親指から小指までのスパンが23.9cm以上

 測ってみたら、がんばっても右手は20.5cm、左手は21.0cmしかなかった。

確かに、ピアノ弾いている時だって、ギリッギリ9度が届く程度だもの、大きくはないわね。

それに、アジア人女性の94%がこの”小さい手”のサイズに属しているらしいから、並ってことかな。

ラフマニノフやリストは13度届いたという話を聞いたことがあるけど、どんだけバカでかいだろうねえ。

レジチャッカーをやっていると、いろんな人の手を見るのだけれど、確かに、バカでかい手の持ち主もたまにいるよ。

野球のグローブみたいな手。女の人でもね。

そういう人は、総じて指も太いのだけど、そうした場合、ピアノって弾きにくいのかな?

前に読んだ諏訪内晶子さんの本の中で、演奏者の体格で出るバイオリンの音が違うという話があった。

きっと、手が大きくて、指の太いピアニストはダイナミックな演奏ができるのだろうなあと思う。

そういえば、ラ・カンパネラの漁師のおじさんも指が太かったっけね。

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ