大人から始めるピアノって。

2020/01/22

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

私の場合、大人から始めたというわけではない。

小学生の時に期間で言えば6年間くらい習っていたと思うのだが、あまりにも練習しなさ過ぎでどこまで練習が進んでいたのか、当時使っていた楽譜さえ残っていないので、全くわからない。

唯一の手がかりは、『エリーゼのために』を私の手が覚えていたということだけ。

当時、先生にこの曲を指導してもらっていたのかは記憶にない。

自分が好きで弾いていただけな気もする。

ということなので、全くの大人から始めたわけではないが、初心者に近い初級?って感じである。

 

大人から始めるピアノ学習って、みなさん、どういう風に進めておられるのだろう?

バイエルとかツェルニーとかそういう教本を練習しているのか?

それとも、弾きたい曲だけ、一点集中で練習するのか?(あの”ラ・カンパネラを弾く漁師のおじさん”のように。)

 

▼関連記事▼
[ やってやれないことはない!んだね?よし! - ドレミファ・バッハ] 2020-01-15

 私が弾きたい曲は、クラッシックの王道みたいな曲ばかりなので、やっぱり、基礎練習からやらないと弾けるようにならないのかなあとも思う。

でも、どこかの先生のブログで、練習曲の譜読みをすることに時間を取られてしまうより、その分弾きたい曲の譜読みに充てることを考えても良いのでは?的なことを書かれていたのを読んだこともある。

私は、誰に聞かせるわけでもないので、自分がただ気持ちよく弾ければいいのだけど、身体能力的に基礎練習(というか訓練?)が必要なら、私は遠回りでもやりたいと思うのだけどね。

 

やっぱり、バッハを弾きたいと思うので。

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ