仕上がるのか?これで。

2020/01/19

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

他の人のブログを読んでいると、みんな、素晴らしいんだよね。

何が素晴らしいかって言うと、こう弾きたいとか、ああ弾きたいとか、表現することに悩んでいらっしゃる。

もう2ヶ月も取り組んでいるショパンのワルツ第3番は、音符を追うのが精一杯で(というか、まだ最後まで追えていないけど)表現力なんて皆無だ。

先生は、次回は仕上げだとおっしゃったけれど、うう〜、どう考えても仕上がらない、というか、何を以て仕上げとするのかって事か。

 

『仕上げ』の意味を辞書で調べる。

①仕上げること。また、その結果。できあがり。

②仕事の最後の工程。

 

私の場合、②の方だね。あと1フレーズ残っていたからね、最後の工程だ。

 

とりあえず最後まで弾けるようにしたい。そこがまず、一区切りだよね、やっぱり。

表現力の練習はまたそこから始まる。

 

今週はちょっと力を入れてがんばらなくては!

 

P.S. 3番でこの状態なのに、次、もしショパンなら7番がいいなあなんて思っている図々しい私である。

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ