誰にも命の期限はあるんだよね。

2020/01/18

あれやこれや

この記事をシェアする
  • B!

パートから帰って来て、いつもなら上着を着たままピアノに向かうのだけど、今日は体調もイマイチで疲れてしまって、「たまには練習休み!」とリビングのTVの前のソファにドカッと座り込んだ。

愛犬Rと愛猫Kが我先にと私の膝の上に乗って来る。今日はRの方が膝の上は諦めて隣にピタリとくっついて座っている。

TVはもちろん大相撲中継。

すると、アナウンサーが近畿大学相撲部監督(55歳)の急逝を伝えていた。

朝乃山とか指導していた方だそうである。

55歳なんて若いのに急逝って、持病でもあったのだろうか?

こういうニュースを聞くと、誰だっていつ亡くなってしまうのか、わからないよなあと改めて思う。

病気だけじゃない、事故だって、天災だって、いつ起きるかわからないんだもの。

私の前夫だって、電話で話をした数時間後に交通事故で亡くなっている。

もう20年以上経つけどね、29歳だった。

風邪だって滅多にひかない頑丈な奴だったけど、人ってこんなにあっけなく死んでしまうんだ?!って思った。

命には限りがあるということを、普段は忘れがちだけど、誰かが、特にまだ若い人が亡くなると、時間を大切にしなくちゃなあと思う。

やりたいことをやっておこうっていうのもあるし、家族との関わりにおいても、後悔しない接し方をしようって。

 

という事は、さっき休みに決めたピアノ練習、明日やろうって思っていたけど、やっぱり、今日やっておくべき?

でも、疲れたしなあ。。。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ