若返りの秘薬。

2020/01/09

あれやこれや 練習ノート

この記事をシェアする
  • B!

YouTubeを見ていたら、化粧品の広告動画が始まった。

 

魔法のしずく、これ一滴で20歳若返る!

こんなような内容だった。

 

私、ずーっと思っていたことがある。

若返らなければいけないのか?と。

シミやシワがあったらダメなのか?と。

60、70、80歳になっても、つるりんとしたお肌の人って怖くない?と。

特に気になるのは、だいたいこの手の化粧品、サプリメント、器具などは、女性に向けての商品だということ。

女性だけが、シミやシワを否定されるわけだよ。

おかしくないか?と思うのだけど、世の女性たちは塗りたくったり、仮面のようなパックをしたり、マッサージしまくったり、そしてそれに大枚はたいているのだから、疑問に思っている女性は少ないのだろう。

こんなこと言ってると、sobakoは女を捨てていると言われかねないが仕方ない。

でもね、横に走るシワはきっと楽しく笑ってできた幸せな人なんだな、とか、眉間のしわが目立つ人は、苦労を重ねてきたのかな?とか、シワはその人の人生の年輪だと思うのよ。

もっと胸を張って見せたらいいのにと思うよね。

 

しかし、冒頭にあげた動画CMを見ていたとき、私、初めて「若返りたい!」って思っちゃったのよ。

20歳だよ?若返りたいよ!そりゃ!

そう、私の場合は、お肌のシミ&シワ問題じゃなくてさ、ピアノのことね。

20歳若返れば、脳から伝達された指示がスパっっと指先に伝わって、どんなに指が動くことか!

ショパンのワルツだってタリラリラ〜ン♪ってなもんよ、きっと。

あ〜ん、誰か、秘薬を開発して!

ヒアルロン酸注射みたいに、プスっ、チュウ〜っと注入すればOKってやつがいいな〜、お手軽で。

 

今日は1時間半練習。

集中しているからあっという間にこれくらい過ぎちゃう。

(あと何時間?ってカウントダウンしながらしている仕事の時とは大違い。)

ショパンのワルツ第3番は、ようやくちょっぴり形が見えて来た感がある。

繰り返しのフレーズが多いから、残っている新しいフレーズは最後の上がったり下がったりするところ(うまく言えない。エチュード1番のようなとこ)のみとなった。

とりあえず、今月中には最初から最後まで通して弾けるようになりたいというのが目標である。

 

 

 

 

 

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ