超低速で練習してみる。

2019/12/11

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

どうにも、形にならないショパンのワルツ第3番。

片手だとなんとか弾けるのだけど(全部じゃないよ、途中まで)両手になると一体なんの曲?状態。

なので、超低速で練習してみる。

何回も何回も繰り返す。

何回も何回も繰り返す。

 

一体いつまで繰り返せば弾けるようになるのか?

 

子供の頃に少しだけ習っていたから、もう少しサッサと弾けるようになるかなあと思っていたけれど、自分の想像以上に歳をとってしまったのかもしれない。

 

ピアノって音楽とはいえ、指の運動だもんね。

右手、左手、そして足まで使うのに、脳からの命令が末端に届いて、指示通りにそれぞれを動かすわけだよ。

ちょっとやそっとじゃ無理じゃね?

 

でもでも、

「私には夢があります。

ゴルトベルク変奏曲を全部弾けるようになることです。」

と、このところ泣かされっぱなしのドラマ『同期のサクラ』の主人公のセリフのように宣言してみる。

 

うん、まっすぐがんばるよ。

 

 

 

 

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ