二週間でも弾けそうにない。

2019/12/01

練習ノート

この記事をシェアする
  • B!

2週間インターバルを取った次のレッスンまでの課題は、この二つ。

①ハノン 第39番 ハ長調とイ短調のスケール3つ。

②ショパン ワルツ 第3番(1ページ分)

 

ハノンのスケールはようやく指使いを手が覚えてきたようで、最初と比べるとずいぶん弾けるようになってきた。

最初は両手で弾くと指使いがこんがらがって、いつの間にか指が足りなかったり、余ったりということがあったけれど、そういうこともなくなってきた!

指使いを体が覚えていると、イ短調とかは思いの外苦労がない。

本当にハ長調を始めた時には、これ、両手で弾けるようになるんかい?とすごく不安だったもん。

 

なので、それを踏まえて考えれば、ショパンのワルツ第3番も、まだまだ体が覚え切っていないんだろうね。

片手ずつ楽譜を見ながらなら弾けるのに、両手になると途端に覚束なくなる。

こんなギクシャクワルツを周囲に巻き散らかしているのはとても恐縮なのだけど、どうにもできない。

今日は、徹底的に片手練習だー!と頑張ってみた。

指使いがすぐに自己流になって定まっていないのがよくないのでは?と気がついて、怪しい部分を何度も矯正してみる。

が、まだまだ。。。。

 

二週間でも間に合いそうにない。泣

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ