戻らない鍵盤。

2019/11/26

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

ネットで、自分のピアノの状態を知ろう!という記事に出会った。

うちのピアノは相当古いし、それまでの調律記録も無かったので、今更ではあるけど、少し気になる。

自分で状態を調べる一つの方法が、「鍵盤を少し持ち上げてから離す」というもの。

良い状態のピアノは離せばスッと元の位置に降りるそうなのだが、うちのピアノの鍵盤はいくつか上がったまま降りて来ない。

あらら。

古いピアノの場合、鍵盤に接触している金属ピンに汚れや錆があるかもってことらしい。うーむ。

調律師さんにケアをお願い出来るらしいけれど、お金かかるよねー。

あ、いや、まだ保証期間中だから、購入した楽器店にお願いすれば良いのかな?

弾いていて気になるわけではないけど、何分、初のアコースティックピアノなので、まあ良いか、で済ませて良いのか悪いのかわからないんだよね。

実は音に関しても、部分的に気になるところがあるんだけど、個性?なのかどうなのかがわからない。

でもまあ、良く響く好きな音色の出るピアノなので、愛着が湧いていることに変わりはないのだけれどね。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ