ピアノレッスン2回目。先生の前での演奏って。

2019/11/19

ピアノ教室

この記事をシェアする
  • B!

練習不足のまま先生のところに行くのはとても気が引けたけれど、休むわけにもいかないしね、恥を忍んで行ってきた。

 

とりあえず、行く前にも小一時間ほど練習はしてみたけど、付け焼き刃なのには変わりなく、先生の前ではボロボロだった。

 

そして「緊張しちゃったね?」と先生に言われる。

自分では緊張している気はあまりないのだが、練習で弾けていた部分でさえもボロボロなので、おそらく緊張しているのだと思う。

緊張していることに気がついていないところがもはや、緊張しまくりなのだろう。

先生がいろいろお話をしてくださって、緊張をほぐしてくれたりするが、もともと練習不足なので、全くうまく弾けず申し訳ない。

しかしそんな中でも、ハノン第39番ハ長調は、片手ずつゆっくりやっているうちに、両手でもなんとかいけるようになったのは嬉しかった。

練習では両手では指使いが途中でおかしくなって、指が余ったり、足らなくなったりだったのに。

やはり、慌てずゆっくりじっくりやることが大事だね。

 

♪ 今日の注意ポイント。

弾く姿勢。

背中をピンとして、腕の重さで弾くこと。

手首をまっすぐ。(コインを甲に乗せて練習)

スケールは特に、肘から移動、体も移動。

音の粒を揃えて。

 

♪ 次回の課題

①ハノン 第39番 ハ長調

②ショパン ワルツ第3番 

 

 

亀のような進み具合だけど、弾くのが楽しいことに自分でも驚いている。

がんばるよ。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年12月某日
今、HTMLやCSSの本を読んでブログデザインを勉強中。
で、結局、レンタルサーバーを借りたりしちゃった♪
そのうちまた、引っ越しが始まるかも。笑

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ