候補①は、ディアパソンのグランドピアノ。

2019/11/07

グランドピアノ ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

日に日にグランドピアノ欲しい熱が上昇中。

いくら思いを募らせても、格安アップライトピアノですらローン状態の私には、手も足も出ないことに変わりはない。

今のところ、技術だって全く追いついていないのだしね。

グランドピアノでハノンばかりじゃあね、悲しいし。

とりあえず、Youtubeでいろんなグランドピアノの音を聞いて候補選出から楽しもうと検索中。

 

候補① ディアパソン( DG166F ) ¥2,330,000 

2019年4月発売。

音がいい!(生では聞いたことがないのだが、おそらく私の好み)

外観がおしゃれ!(マホガニー艶出し、猫脚)

奥行きが166cmでコンパクト。

 

グランドピアノは大きいもの、と思っていたが、最近はコンパクトモデルもあるようだ。小さなグランドなんてグランドピアノとは言えないという人や、いやいや、そもそもグランドとアップライトは構造が違うのだから、別の楽器だよという人、様々な意見があるようで。

そりゃあ、大きい方が響きはいいだろうけれど、狭い私の部屋に入れるのだからね、コンパクトなピアノで十分。

おそらく、奥行き166cmだって6畳の私の部屋に置けば、ベッドは置けないだろう。

ピアノの下に布団を敷いて寝るようだ。(地震の時はアウトだな)

それでもね、憧れは消えないのよ。

いつかはなんとかして手に入れたい!

自慢じゃないが、私は今まで、本当に欲しいと思ったものはほとんど手に入れている。

きっとグランドピアノも。。。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年12月某日
今、HTMLやCSSの本を読んでブログデザインを勉強中。
で、結局、レンタルサーバーを借りたりしちゃった♪
そのうちまた、引っ越しが始まるかも。笑

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ