40年くらい前の日本製ピアノ『Kraus』

2019/11/06

はじめに

この記事をシェアする
  • B!

運搬費用、初回調律、ピアノカバー、お手入れセット、もちろん椅子も全て込みで18万円で購入したピアノは、Kraus TU-1という40年くらい前に作られた日本製のピアノ。

その昔、日本にはYAMAHA、KAWAI以外にもたくさんピアノメーカーがあったらしく、Krausはその中のひとつの大成楽器というメーカーが作っていたのだという。大成楽器は、KAWAIの特注ピアノを請け負っていたくらい、腕のいい職人のいる会社だったそうだ。

今とは違って、とても良い木材を使ってのピアノ作りなのだそうで、響板の響きがとてもいいという。

確かに、音の響きがうわぁっと広がる感じが気持ちいいと思った。

音質も、こもらず、キンキンせず、丸いけれどはっきりとしていて好みだった。

格安の値段と、音の響きで購入を決定!

 

でも、Krausをネットでググっても、ヒットが少ない。同じ型番なんて、お目にかかったことがない。やはり、トップメーカーではないし、手作りだし、販売台数が元々少ないのだろうね。

Krausがお家にある人とお友達になりたいなーと思う今日この頃である。

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年12月某日
今、HTMLやCSSの本を読んでブログデザインを勉強中。
で、結局、レンタルサーバーを借りたりしちゃった♪
そのうちまた、引っ越しが始まるかも。笑

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ